• 歴 史
  • 珉 珉 紹 介

珉珉が大阪千日前に1号店をオープンしたのは昭和28年。
今からもう50年以上も昔のことです。
敷地面積わずか13坪足らずメニューも当時は数品に限られていた小さな店でしたが、
ここで時代を画する1つの料理が生まれました。
それが「焼餃子」中国北方地域に端を発する餃子を、「焼く」という調理によって
日本の風土になじませたのです。
今でこそ定番の餃子ですが、当時は餃子をだす店は恐らく珉珉が初めてで、
ほとんどのお客さんが、「餃子」という字をどう読んだらいいのか分からないという、
そんな時代でした。

その爆発的ブームは、想像をはるかに超えていました。
珉珉の店の前には連日開店時から客が長蛇の列をなしていました。
料理人は、1日中餃子の皮を伸ばし続け、手が上がらなくなる程であったのです。

「とりあえず、餃子とビール!」それが珉珉を訪れる客の第一声です。
店内は庶民の熱気と生活感に湧き返り、食べることの情熱に今も昔も満ちています。

こ だ わ り

珉珉の餃子は皮がとろけるようになめらかで、
焼き目はパリッと香ばしいのです。
それは珉珉が強力粉100%にこだわるからで、じっくり寝かせて
皮の旨味も引き出しています。
珉珉の餃子は白菜をたっぷり使用するのが特徴で、豚肉、羊、
ニンニクなどの18種類の具材とあいまって、
絶妙な味のバランスが保たれています。

使う油は、このために特注された最高級の落花生油です。
餃子の具材はミンチにするため、B級品を使っても見た目には変わりません。
しかし、珉珉はそれを決してしない。ここが珉珉のこだわりなのです。

これは、他の料理についても同様です。
例えば、珉珉が使用する玉ねぎは全て淡路産。
それは淡路産の玉ねぎが独特の甘味を有するためで、
関東などで淡路産が手に入らない場合には関西でわざわざ買い付け、
それを配送します。

香り油にもこだわりがあります。珉珉が指定するのは、
竹本油脂の「純正胡麻油」通常の調理油の4~5倍の値段ですが、
油の良さが味を大きく左右する中華には、これが欠かせません。

基本のご飯もまた然り。
珉珉では創業以来、新潟産コシヒカリを使用しています。

珉珉は各店で一から料理を作っています。
そのためどんな小さな店であっても、必ず10年以上の経験を積んだ
プロの料理人が厨房に立ち、その場で料理をこしらえます。
また、手作りなので、季節や気候で味が微妙に変化して、食べ飽きることはありません。

それでも料理は全て庶民の価格。
1000円ちょっとで餃子とビール、一品料理を楽しんで頂けます。

珉珉の料理は、「料理人が自分の子供に安心して食べさせることのできる料理」なのです。

「当たり前のことを当たり前にやる」

それが珉珉の鉄則です。人件費も材料費も高くつきますが、料理は毎日口に入れるもの。
医者以上に、皆さんの健康を預かっている。決して手を抜けるものではないのです。

珉珉の(珉)の字は、王偏に民。
王様の味わいを庶民の料理に追求するというのが名前の由来です。
食の世界に壁はなく、全てが平等。
だからこそ、 そんな世界を堪能させることが、珉珉の使命なのです。

珉珉はこのようなこだわりを持った会社であり、店舗なのです。